アウトドア キャンプ・BBQグッズ ユニフレーム(Uniflame)

おしゃれキャンプへのスタートライン!ユニフレームファイアグリル

更新日:

皆さんこんにちは!

今日紹介するのは、ユニフレームのファイアグリルです!

皆さんが、BBQするときに1番最初に必要そうな道具でイメージがわくのってなんですか?
そう!BBQコンロですよね!あれ?違いました?笑

ということで、今回はコンロ兼焚き火台として大活躍してくれているファイアグリルを紹介します!

ユニフレームファイアグリルとは?

ファイアグリルとは、ユニフレームが販売している焚き火台です!


ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

焚き火台と言ってもその用途は多く、私の利用方法としては、焚き火・コンロ・ダッチオーブンにて利用など様々な面でお世話になっています。

続いて、他の焚き火台やコンロとの比較について説明します。

比較、購入のポイント

BBQコンロと焚き火台の違い

そもそもBBQコンロと焚き火台との違いですが、ざっくりこんなイメージです。

※あくまで、筆者の主観です。

BBQコンロ

・炭だけの利用で、肉を焼くなどの調理に向いている

・背が高いので、立ちながら利用できる

・大人数でのBBQなどに向いている

konro

※イメージ

焚き火台

・炭だけでなく、薪などを使用し焚き火ができる

・比較的背が低く、重いものを置いても安定しているため、ダッチオーブンなどを使った調理が可能

・3~4人ほどの少人数での利用に向いている

takibidai

※イメージ

ざっくりあげましたが、こんなイメージです。

そこで、自分自身の普段の使い方などを考えたときに、次の点をポイントに検討しました。

◆◆◆検討ポイント◆◆◆

①利用想定人数

②サイズ感

③価格感

④調理の汎用性

⑤見た目

この5つの観点で、BBQコンロにするか焚き火台にするかの検討ポイントにしました。

検討ポイントに対する回答がこちらです↓

◆◆◆検討ポイント(回答)◆◆◆

①3~4人

②プラドに積んでも邪魔にならないサイズ

③安いの!笑

④ダッチオーブンも使ってみたい!

⑤かっこいいの!笑

こんな感じで、なかなかざっくりした内容ですが、ポイントとしては、やはりサイズ感とダッチオーブンを使ってみたいと思い、焚き火台を選択する結果となりました。

続いて、ファイアグリルにした理由です。

他の商品との比較、購入のポイント

焚き火台を選択した際に次に迷ったのは、どのメーカの焚き火台を選択するかでした。

Google先生など色々調べて、結果としてこの3つの中からユニフレームのファイアグリルを選びました。

・ユニフレーム ファイアグリル


ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

・スノーピーク 焚火台(Mサイズ)


スノーピーク(snow peak) 焚火台 M ST-033R

・コールマン(Coleman) ステンレスファイヤープレイスⅲ

【送料無料】Coleman(コールマン) ステンレスファイヤープレイスIII 2000023233【SMTB】

上記の3つが最終候補でした。※正直どれも欲しかったです笑

続いてこの3つの焚火台の比較ですが、次のような感じです。

※サイズ、価格、重さに関しては参考情報となりますので、詳細はHPなどで確認してください。。

結果として、やはり価格面とサイズからユニフレームのファイアグリルを購入しました!

ここで皆さんが気になるのはやはり、安かろう悪かろうなんじゃないの!?ってところですよね笑

ファイアグリルを使ってみての使い方と感想を紹介します!

ファイアグリルの使い方

ユニフレームのHPにも載っていますが基本的には次の手順のみです。参考サイトは<<こちら>>

◆入っているもの
・4本足(足の部分)
・炉
・ロストル

【組み立て手順】
①4本の足の部分を開く

②爪の金具を上に向けて開く

③本体である炉を乗せる

以上この3ステップで完了です!

そう!組み立てがめちゃくちゃ簡単なのと、ネジなどが細かいパーツなどもないので、パーツをなくす心配もありません!

使ってみての感想

実際に使ってみると、収納時のサイズもちょうどよく、食材を焼くのもOK!ダッチオーブンやスキレットなどで使うのもGood!と最高のコストパフォーマンスを発揮してくれいます!

食材を乗せた時↓

img_3906

ダッチオーブンを使った時↓

img_3904

使い勝手はもちろんGoodですが、付属品として別売りしているヘビーロストルも一緒に使うと、ダッチオーブンをおいても安定し、手入れも楽なので是非一緒に買ってみてください!

ファイアグリルのお手入れ

ファイアグリルのお手入れとしては、私のやっている方法ですが、キャンプ場では多少の汚れを落として家に持って帰ります。

家に持って帰ってきたら、クレンザーとたわしで気になるところをゴシゴシと洗います。洗い終わったらしっかりと乾かしお手入れ完了です!

この管理で1年以上使っていますが、問題なく使えています!

※ロストルのみは、熱で変形するので、毎回火に当たる部分を裏返して使っています。

お手入れも楽チンですね♫

まとめ

王道のスノーピークやコールマンももちろん素晴らしい商品だと思います!(そのうちこれらも欲しくなるかも笑)

初心者で、キャンプをスモールスタートしたい!予算的にローコストでいろいろやってみたいといった方には、とてもおすすめな焚火台だと思います!

よかったら皆さんもファイアグリルを使って、おしゃれキャンプのスタートを切りましょう!

こちらの記事がよく読まれています

アウトドアで使える Gopro Hero5 Black

アウトドアで使える「Gopro Hero5 Black」の紹介記事です!Goproの開封からパーツの詳細情報や、初めに買うときに併せて購入した方が良い商品を紹介しています!購入してみたいけどどんなもんだろう?何を一緒に買ったらいいんだろう?など購入に迷っている方などは是非一度参考にしてみてください!

おすすめ記事一覧

1

キャンプやバーベキューに役立つ記事をまとめています。 気になった記事がありましたら、詳細を見て見てください!! 目次1 火起こしに関する記事1.1 しっかりマスター!炭の火おこし方法まとめ1.2 炭を ...

2

キャンプやバーベキューで肉だけ焼くのはもう飽きた方など、ぜひ美味しくおしゃれな料理でワンランク上のキャンプやバーベキューを行っちゃいましょう! ということで、キャンプやバーベキューでできる簡単かつおし ...

3

ついに前々から欲しかったGoProHero5Blackを入手しました! ということで、今回はGoproHero5Blackについてと初めに付属品として私が購入したセットに関して紹介したいと思います! ...

-アウトドア, キャンプ・BBQグッズ, ユニフレーム(Uniflame)
-, ,

Copyright© SETALOG , 2017 AllRights Reserved.