ナレッジ 幹事の心得

花見幹事必見!これだけ見れば大丈夫!大人数での花見開催

更新日:

もうすぐ3月、4月と春が近づいてきていますが、春といえばそうお花見ですよね!
外でお花を見ながら仲間と騒ぐ春ならではのイベントですよね!
しかし、仲間内だけならいいですが、会社の若手社員や、サークルのイベントなどで幹事になってしましまった。。。どうしたらいいかわからない。。。という経験をした方は少なくないのではないでしょうか?
ということで、今回は、大人数でのお花見の準備などをまとめて紹介したいと思います!

大人数での花見について

まず初めに、運悪く幹事になってしまった。。。と考える方も多いお花見の幹事ですが、しっかりと下準備と知識を身につけて望めば、自分も楽しむことができる会を開催することができるはずです!
ということで今回は次の点を重点的に紹介していきたいと思います。

◆ポイント
 ・会場選び
 ・準備するもの
 ・場所取り
 ・当日の段取り

お花見の幹事が気にするポイントとしては、大きく分けて上で挙げた4つのポイントに分類されます。
それでは早速それぞれのポイントの内容について説明していきます!

会場選び

まず初めに行うのは、会場選びです。
会場選びの際に重要になってくるのが、次のポイントです。

◆ポイント
・当日の参加者確認
・お花見会場の設備
・お花見会場へのアクセス
・お花見会場の周辺施設
・会場のルール確認

それではそれぞれのポイントについて説明します。

当日の参加者確認


まず初めに当然ですが、当日の参加者を確認しましょう!
お花見では、場所の確保が重要になってくるため、大雑把で問題ないので、人数確認・男女比・子供の有無といったことを確認しましょう。

お花見会場の設備


設備の確認するポイントとしては、トイレの有無・個数、街灯の有無などを確認しましょう。
お花見の時期になるとかなりの人混みとなるので、トイレの有無はもちろんのこと、なるべく個数も大いに越したことはありません。

お花見会場へのアクセス


アクセスに関しては、なるべく駅から近いところをチョイスしましょう。

お花見会場の周辺施設


お花見をするにあたって、持ち寄りでお花見を行うにしても、お酒やおつまみが足りなくなるケースは多くあります。あらかじめお花見会場の周りにスーパーなどの施設や最低でもコンビニなどがあるか確認しておきましょう。

会場のルール確認


ここがかなり重要なポイントです。会場のルールは必ず確認しておきましょう。確認するポイントとしては、次の点です。
・立ち入り可能な時間
・ゴミの処理方法
立ち入り可能時間に関しては、よくテレビで徹夜で場所取りを行ったりしている人がいたりしますが、公園によっては夜間の立ち入りが禁止されており、最悪のケースとしては警察を呼ばれたりもするので必ず確認しましょう。
続いてゴミの処理方法です。意外とここが忘れがちになるポイントですが、ゴミを持ち帰るのは大変なので、会場で捨てられるのか確認しましょう。

私がよくお花見の幹事で使用する、おすすめな会場としては、上野恩賜公園がおすすめです。
テレビでも報道されるほどの人混みにはなってしまいますが、会場が大きいことやアクセス、周辺施設などを考えた時にベストな場所だと思います。また、2016年4月時点ですが、ゴミを公園内のゴミ捨て場に捨てることができる点もGoodだと思います!

準備するもの

続いてお花見時に幹事が準備するものですが、次のものを用意しましょう。

◆準備するもの
・ブルーシート
・ダンボール
・ペグ
・紙皿、割り箸
・プラコップ
・ガムテープ
・ウエットティッシュ、キッチンペーパー
・ゴミ袋

最低限準備するものとしては、上で挙げたものとなります。

ブルーシート

お花見で必須なものといえばまずはこちらのブルーシートです!
ブルーシートの大きさの目安としては、12畳(3.6m×5.4m)のブルーシートで15~16人くらいを目安にすると荷物があっても大丈夫な大きさになると思います。不安な人はこのサイズ感に少し余裕を持つと良いと思います。

ダンボール

続いてこちらダンボールです。ダンボールの使い道としてはふた通りあり、一つ目の使い方は折りたたみ、机として使います。二つ目としては、大きさにもよりますが、ブルーシートの下に敷きます。ダンボールを敷くと座り心地が全く違います。持っていくのは大変ですが、それを上回るポテンシャルを発揮してくれます。

ペグ

春は季節的にも風が強くなったりすることも多いので、ペグは必ず用意しておきましょう。ハンマーに関してはあるとベストですが、最悪このくらいのサイズであれば大き目の石でも打ち付けることが可能です。

紙皿、割り箸

これらは言わずもがなですが、人数分プラスα用意しておきましょう。

プラコップ

プラコップですが、なるべく大き目のプラコップを用意しましょう。外ということもあり、置き場所も安定しないので、大きめな方が良いと思います。

ガムテープ

ブルーシートの設営時など様々な用途で使用することができるので、布タイプのガムテープもしくは、養生テープを用意しましょう。

ウエットティッシュ、キッチンペーパー

外での飲食になるので、ウエットティッシュは必ず準備しておきましょう。また、キッチンペーパーは飲み物をこぼした際に使えるので、準備しておきましょう。(必ずこぼす人が出てくるので準備しておきましょう笑)

ゴミ袋

ゴミをまとめる際に必要になります。用意しておきましょう。

準備するものはそこまで多くないです。しかしながら人数が多くなってくるとブルーシートの準備などがとても大変になってくるので、あらかじめ概算の人数を把握しておき、適切なサイズのものを用意しましょう。

場所取り

場所取りに関しては、コツというより必要なのは根性です笑
というのは半分正解で、おすすめできるか微妙ですが、次の流れで行うとうまくいきます(私は毎年上野公園の花見の準備をこんな感じでやってます笑)。

①終電で上野公園へ行き公園の状況を確認(この時メイン通りはほぼ無理なので公園内を確認します)
②大まかな場所を把握し、上野界隈の居酒屋で朝まで飲みます。
③始発前(4時〜5時頃)を目安に準備を始めます。(上野公園は徹夜での場所取りはNGなので絶対やめましょう)
④設営します

(1)ダンボールを敷きます

(2)ダンボールの上にブルーシートを敷きペグで固定していきます。

(3)完成です。(この時は50~60人規模だったので、50畳ほどのブルーシートを用意しました笑)
⑤後は、参加者が来るまで寒さと戦いましょう!笑

場所取りとしては、私は上記のような流れで行なっています。
場所によっては、始発で行っても大丈夫なところはあると思いますが、上野公園で行う際は、始発だとかなり人が増えて来るので、大きめの場所を確保する際は前日から戦っています笑
しかしながら、暗い時間帯ならではの夜桜も楽しめるので、辛いと思わず楽しんでいきましょう!
夜桜↓↓↓

5.当日の段取り

当日の段取りとしては、私がよくやっているのは、買い出しに行くのは難しいので、基本は参加者からの持ち寄りで行います。例えば一人2品とお酒を持って来るなどというルールを決めて行います。
しかしながらそういうわけにもいかない人もいると思うので、そういった場合は、最近のデリバリーサービスを利用し、会場まで直接持ってきてもらうというのも一つの手だと思います。

楽天デリバリー

上記のようなデリバリーサービスをうまく使うのもいいと思います。
後は、1日楽しみましょう!

まとめ

春の醍醐味お花見ですが、幹事になってしまったとブルーにならず基本的な知識を抑えてスマートに幹事を行いましょう!
幹事ならではの楽しみ方もあると思うので、どうせ幹事をやるのであれば、幹事も楽しみ当日のお花見も楽しみ2重にお花見を楽しんじゃいましょう!
みなさんも一年に一度のイベントであるお花見を楽しみ新しい年度のスタートを切りましょう!

こちらの記事がよく読まれています

アウトドアで使える Gopro Hero5 Black

アウトドアで使える「Gopro Hero5 Black」の紹介記事です!Goproの開封からパーツの詳細情報や、初めに買うときに併せて購入した方が良い商品を紹介しています!購入してみたいけどどんなもんだろう?何を一緒に買ったらいいんだろう?など購入に迷っている方などは是非一度参考にしてみてください!

おすすめ記事一覧

1

キャンプやバーベキューに役立つ記事をまとめています。 気になった記事がありましたら、詳細を見て見てください!! 目次1 火起こしに関する記事1.1 しっかりマスター!炭の火おこし方法まとめ1.2 炭を ...

2

キャンプやバーベキューで肉だけ焼くのはもう飽きた方など、ぜひ美味しくおしゃれな料理でワンランク上のキャンプやバーベキューを行っちゃいましょう! ということで、キャンプやバーベキューでできる簡単かつおし ...

3

ついに前々から欲しかったGoProHero5Blackを入手しました! ということで、今回はGoproHero5Blackについてと初めに付属品として私が購入したセットに関して紹介したいと思います! ...

-ナレッジ, 幹事の心得

Copyright© SETALOG , 2017 AllRights Reserved.